仙台・東北 女性の悩みカウンセリング 心理セラピールーム ベリーズカラー

心理セラピーご感想:「勝手に産んで、勝手に捨てて、勝手に死んで、母に怒りしかないのに、悲しくて」

リファインド心理セラピーご感想

「勝手に産んで、勝手に捨てて、勝手に死んで、母に怒りしかないのに、悲しくて」

リファインド心理セラピーお申込み内容

お申込み内容、および、ご感想の掲載については、ご本人のご承諾を頂いております。

小1の時に私を捨てて男と出て行った母を恨むことで生きてきました。その母が死んだと連絡があり、生きる目的を失いました。勝手に産んで、勝手に捨てて、勝手に死んで、母に怒りしかないのに、悲しくて悲しくて、頭がおかしくなりそうです。

仙台市青葉区:あや様

二度と怒りをぶつけられない悔しさ、母に会って恨みつらみをぶちまいてやろうと生きてきたのに、もう叶わない。

セラピー中は、悔しくて腹が立ってたはずなのに、どんどん悲しくなってきて、最後は、「おかあさーん」って子供の様に泣きじゃくる私に私自身がびっくりしました。悲しくて泣いている、腹が立って泣いている、悲しくて怒っている、怒りながら泣いている。いろんなことになってしまいました。

大人になるにつれて捨てられたんだと気づいて、それから母を待たなくなって、かわりに、母に会ったらどうやって傷つけてやろうか考え、生きる力にしてきました。あのころ母は、26歳なので、恋愛するよなと思えます。そこまでは穏やかでいられるんだけど、でも子供を置き去りにしてはダメだろ。ってなって、許せないムキーいつもこれの繰り返し。

ところが、セラピー中の一言で涙腺が決壊。どうにも涙が止まらなくなりました。

その一言は「おかあさん、行かないで、あやを置いて行かないで」。こんなに泣くかと思いながらも悲しくて悲しくて子供のように泣きました。

最近は、クソ過ぎる母がいたから、私として生きれてるんだなと、いままでにない視点が生まれました。母は私を産んだ。これが事実。私が生まれたから、生きてきたから娘たちに出会えた。これも事実。そんな風に思えたら、なんか、母の存在が小さくなったように感じました。

母が死んで悔しいと思っていたけど、今は残念で悲しいです。立派にお母さんしている所を見せつけたかったから。私は、母と同じ年で子供を産んで、母と同じにシングルで水商売だから、いつか子供をすててしまうのか、同じ道を行きそうで、怖かった。けど、今は、私はどんな状況でも男に溺れないし、子供を置き去りにして死んだりしない。そう確信できます。

私は、眉間に一本線の表情が嫌でしたが、最近、表情を意識しています。今まで気にしたことが無かったのですが、確かに!なかなかいいな、私の笑顔って思いました(笑)あの日以来、店の売り上げも絶好調で、不思議です。

私は私。私も堂々と私の人生を生きようと思います。

リファインド心理セラピーお問い合わせ・お申込み

下記から必要事項をご記入の上、お申込み頂ければ幸いです。
確認次第、折り返しご連絡させて頂きます。

お問い合わせフォーム

リファインド心理セラピーお申込みフォーム

リファインド心理セラピーのページへ

Exit mobile version