心理セラピーご感想:「娘が小6から突然、不登校になり、娘をみると苦しくなります」

> >

リファインド心理セラピーご感想

母娘

本日は、お子さまのことでお悩みの「くるみ様」のご感想です。

主訴:虚無感や、無価値感、自責の念を生活に支障のない程度まで軽減したい。(お客様のご承諾を頂いた上で、掲載させて頂いております)

「娘が小6から突然、不登校になり、娘をみると苦しくなります」

福島県福島市:くるみ様

長くなりますが、セラピー後の今感じていることを送ります。

娘が小6から突然、不登校になり、それからは、何が原因で、何がいけないのか、親として改善してあげたくて、いろいろ手を尽くしました。

けれど、中2の今も不登校で、不安の中です。

それまでは、無理している感覚はまったくなくがんばってきたのですが、周りからは、がんばり過ぎだとか、無理しているとか言われて。

どこががんばり過ぎなのかさえ、わかりませんでした。私のしていることがだめなのか、私が娘をこうしてしまったから私がだめなのか、自分を責めることが多くなりました。

何かが決壊するかのように、もう、いやだ!いなくなりたい、消えたい!という気持ちになってしまい、特に娘をみると苦しくなります。

娘も最近「こんな私でごめんね」って口にするようになって、さらに苦しくなりました。

悩んでいる娘を楽にしてあげたくて、私にできることを教えて欲しくて申し込んだはずなのに、結局、私か?私だ!そんな風に段階を踏んで、気づいたことが不思議と、妙に納得しました。

丁寧というのがセラピーの印象です。

娘のことを話していたけど、私が抱えている長年の癖に辿り着いたということが、驚いたことです。思ってもいなかったので。

バラバラになっていたかけらが、集まってきて、ひとつになった、そんな印象です。

虚無感や、無価値感、自責の念という大げさの物ではなくなり、苦しむほどではなくなっています。

セラピーを受けたのは私ですが、娘がとてもいい状態です。相変わらず、家が好きで、あまり外には出ませんが、娘が、元気になっているのが嬉しくてたまりません。

娘が生きている、娘が今ここにいることに、まず、私が感謝すること。心からそう思います。

笑顔の親子

リファインド心理セラピーお問い合わせ・お申込み

下記から必要事項をご記入の上、お申込み頂ければ幸いです。
確認次第、折り返しご連絡させて頂きます。

お問い合わせフォーム

リファインド心理セラピーお申込みフォーム

リファインド心理セラピーのページへ